特集コラム

picture
share
Excel 2016で表を作る方法(エクセル初心者向け)
Word初心者も安心して学べるように、Wordの基本操作―テキストの書式設定について分かりやすくご説明しました。主に、フォントの設定、スタイル、強調表示を適用する方法 書式のコピー/貼り付け方法行と段落の間隔を設定する方法
***** 4.7 (127)
watch video
join in my courses

Excel(エクセル)初心者向けに、Excel 2016で表を作る方法をご説明します。


エクセルで表を作るには、「ホーム」タブから「テーブルとして書式設定」をクリックすれば一発で完成しますが、


今回は、「テーブルとして書式設定」を使用しないで手動で作成する方法をご紹介します。手動で作成できるようになると、自由に表をカスタマイズできるようになります。




手順1:見出しの設定


まず、見出しを入力して、範囲を選択します。




[ホーム] タブの[太字] をクリックします。




「背景色」と「文字色」を選択します。






手順2:データ(値)と罫線の設定


まず、データを入力して、すべてのセルの範囲を選択します。




罫線の [▼] をクリックして、[線の色] を選択します。




また、罫線の [▼] をクリックして、 [格子] をクリックします。




これで、データと罫線の設定が終わり




手順3:フィルターの設定


表の [セル] を 1 つ選択して、[データ] タブから [フィルター] をクリックします。




見出し行にフィルターボタンが表示されます。[▼] をクリックして並べ替えや絞り込みができるようになります。




手順4:集計行の挿入


一番下の行を選択して、罫線の [▼] から[下二重罫線] をクリックします。




「集計」を入力し、「集計行」を選択して、[太字] をクリックします。




集計結果を表示する [セル] を選択し、 [数式] タブの [オートSUM] から [合計] を選択します。




[Enter]キーをクリックします。




個数の合計が終わり



nav2
nav3